離婚で諦めていた自宅を取り戻せました!|不動産のトータルコンサルティング 売買 賃貸 管理

お電話でのお問合せ

03-6452-2970

【営業時間】10:00~20:00 【定休日】無

店舗情報

株式会社リブマネジメント

〒153-0042

目黒区青葉台1-29-6-206

03-6452-2970

03-6452-2969

10:00~20:00

会社概要

離婚で諦めていた自宅を取り戻せました!

2017年12月27日

先日、無事に元夫から私に所有権を移転し、全ての手続きが完了しました!
思えば、1年前。離婚協議が始まってすぐに、元夫名義の自宅マンションの処分方法で揉めました。
購入から7年、湾岸エリアのタワーマンションだったこともあり、購入時より値上がりが期待できました。
元夫は、売却して売却益を折半しよう、と持ち掛けてきました。
でも、私はこのマンションを気に入っており、離婚後も住み続けたいと思っていました。
住宅ローンを借りている金融機関に、匿名で相談もしました。
「離婚に際し、夫のローン残債を私名義で新規に組み直せないのか?」 
銀行の回答は「NO!」でした。
理由として、銀行は原則として「親族間売買」「元親族間売買」に対しての融資を行わないとの事です。
 
私は、ショックを受け、住み慣れた自宅を失うかもしれない…といった恐怖と今後の不安に押しつぶされそうでした。 そんな時知人から、住宅ローンに強いということで、「リブマネジメント」さんを紹介してもらいました。最初は半信半疑で、「銀行で断られることが出来るわけがない。」と思っていました。
でも、リブマネジメントのスタッフの方が、他銀行と交渉してくださり、なんと私名義でのあらたな住宅ローン融資が成立出来たのです。しかも、残債相当金額と、元夫に支払う「マンションの値上がり益の半分」、さらに所有権移転や住宅ローン手続きに必要な諸経費までも上乗せして、期間35年の融資を受けることが出来ました!融資が確定したときは、涙が出るくらいうれしかったです!

リブマネジメントさんのおかげで、離婚協議も整い、住み慣れた自宅マンションも残り、これからの新たな生活のスタートを切ることが出来ました!
本当にありがとうございました!
 

担当者のコメント

うれしいお言葉ありがとうございます!
難しい事案でしたが、ご希望に沿うことが出来、よかったです。

一般的には、離婚での所有権移転(夫名義→妻名義、夫婦共有名義→妻単体名義)では、借り換え融資、新規融資を受けることが出来ません。
しかし、住み慣れた自宅や、お子様の転校を伴う引越しは出来れば避けたいといった声をよく聞きます。
ほとんどの不動産会社さん、弁護士さんは、「現状名義(所有権者)のままで、住み続けるか、売却しか方法が無い。」とアドバイスされています。そこには、いろいろな内情も存在します。
弊社では、お客様の状況をしっかり把握して、最後まで諦めず金融機関と交渉します。

気軽に相談出来る内容ではないので、とても勇気がいると思います。
どうか、後々後悔されないためにも、ほんの少し勇気を出して、弊社にご相談ください!

ページの先頭へ