不動産の売却査定 どうやって算出してる??

不動産の売却査定 どうやって算出してる??


不動産の売却を考えたとき、不動産会社に売却の査定依頼をされると思います。不動産会社は、どのようにして査定価格を算出しているのでしょうか。

査定方法には「原価法」「取引事例比較法」「収益還元法」の3種類があります。そのなかでも、一般居住用の戸建、マンション、土地の査定で広く用いられるのが「取引事例比較法」です。

持ち家の価格に興味ある方、売却をお考えの方はぜひ参考にしてみください。




売却査定 取引事例比較法の計算方法


では「取引事例比較法」とは、どのような計算方法なのでしょうか。

おもに、土地やマンションの簡易査定で利用される方法です。
はじめに、対象不動産周辺の過去の成約事例(実際に取引された価格)をいくつか取り上げ、「価格÷専有面積」で1㎡または1坪あたりの単価を計算します。似たような条件の事例があれば、平均値から算出することもあります。

たとえば、過去の成約事例で30坪の土地が6,000万円で取引されていた場合、6,000万円÷30坪=200万円/坪 となります。
売却したい土地の面積が20坪だとすると、20坪×200万円=4,000万円です。
とても簡易的な計算方法ですが、おおよその相場感をつかむことは可能です。

マンションの場合は、同じマンションの成約事例があれば、さらにわかりやすいと思います。但し、マンションの場合は階数や方角、お部屋の広さ、間取り等により価格が異なります。もし新築分譲当時の価格表があれば参考にしてください。同じマンションに成約事例がない場合は、近隣の同年代のマンション等を参考にして算出します。



まとめ


土地やマンションの簡易査定は「取引事例比較法」で簡単計算することができます。不動産の査定方法のなかでも簡単な計算方法です。ぜひ参考になさってみてください。
しかし実際の売却には、住宅ローンの残債額、税金等様々な問題や考えるべきことがあります。「○○万円で売れて、これだけ手元に現金が残る!」と安易に進めるのではなく、後悔しないためにも売却時も綿密な資金計画と対策を一緒に考えてくれる不動産会社を選びましょう。

LIXIL不動産ショップの株式会社リブマネジメントでは、不動産売却査定を行っております。まずはお気軽にお問合せください。




記事一覧

「不動産売却査定「原価法」とは?」 次へ